家を格安で売りました。

建物も古かったので一旦壊した方がいいくらいでした

母の母、私の祖母はずっと1人暮らしでした。
私が小学5年生くらいの時祖父が亡くなってしまってから15年くらいずっと1人で田舎の家に住んでいました。

 

田舎の家でしかも農家をしていたのですごく広い家でした。
祖母と祖父しか住んでいないのに2階建てのひのきの家でした。

 

祖父がなくなって一緒に住もうと言ったのですが祖母は1人が良いというのでそのまま1人暮らしでした。
7年前に亡くなった時、さあ家をどうするかとなり母は1人っ子だったので母が相続したのですが、私達は田舎には住まないので売ろうという事になりました。

 

でももう古い家だったのでかなり建物も古かったので一旦壊した方がいいくらいでした。
しかし、壊すにもお金がかなりかかるので母は不動産屋さんに頼んですごく安くてもいいので売ってくださいと頼みました。

 

それに早く売ってしまわないと固定資産税とかもどんどんかかってきます。
なのでできるだけ安く早くで売ってもらい安すぎて半年後には買い手がつきました。

 

売った金額が380万円だったのでそれで買ってくれたみたいです。
本当に良かったです。